子育て、シュタイナー、自然療法など、cocoの気ままな日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
熱の時、おうちでできる手当法。
 
もうすぐcocoのお誕生日!
嬉しいことに、愛用している化粧品会社から一輪のバラが商品と一緒に届きました!
お花を突然もらうことなどないので、と〜っても嬉しかったです!!!

今日は、「産びのたね」という会に初参加しました!
子育て、お産、食、環境などなど情報交換や話し合いをする会です。
そこで創刊号からの通信を頂いたので、よ〜くよ〜く見てみると・・・。

<熱がある時にお家でできる手当法>
・青葉湿布
  熱があっても38度より低い時、キャベツの外葉や小松菜などの青葉を頭の下に敷くと、
  ゆるやかな解熱作用があります。
  乳幼児の解熱には、豆腐パスターでは急に冷やしすぎてしまうので、青葉を使用します。
  大人で38度以上熱があっても豆腐が手元にない時に代用として使います。
 (手順)
  ‐松菜は、かたい芯のところを切り落とし、やわらかい先の部分が後頭部に当たるように
    枕の上に置く。
    キャベツの場合は、外葉を使用する。
  ↓,両紊貌を置き、葉っぱが熱をとってしんなりしてきたら、新しい葉と取り替える。

とあり・・・今までのっこの頭の上にキャベツの葉を置いていた事が間違いだと気づきました!
頭の上ではなく、枕の上・・・。
枕の上に頭を置いて、葉っぱを敷いて寝るって、そりゃあそうだ!
頭の上に置いても、おかしいだけで・・・効果あるのか?と実はキャベツを押さえつけてた私・・・。
落ちるしね。

小2のうららが文章問題苦手・・・というか、設問をよく読まずに簡単な問題を間違ってくるので
「問題よ〜く読んでから解かなやろ!」と怒り狂ってたcoco・・・。

親似でしたのね〜。

よ〜く読んで実践します、反省・・・。
自然療法 comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








乳腺炎ん時にキャベツ湿布やお芋湿布してたよオッパイに(笑)頭もオッパイも熱を下げるのは同じなんかね〜。
from. charu | 2010/02/15 21:27 |
お〜!!!キャベツ湿布にお芋湿布!!!スゴイ!!!

乳腺炎は熱も出るけどおっぱいも熱いですよね〜!

お芋湿布はいいかも!

乳腺炎には、里芋湿布、キャベツ湿布、豆腐湿布、じゃがいも湿布などがあるみたいですね。
・豆腐湿布は38度以上の熱にだけ使用。(体が冷えすぎてしまうの  で、乳幼児の発熱の場合は豆腐湿布は基本的に使用しません。)
・キャベツ湿布は乳腺炎の治りかけの頃や、あまり熱を持っていない 時に使用。

と、産びのたねの通信に載っていましたが、charuさんすでに知っていて使っていたとは・・・スゴイです!!!
また他にも使っている自然療法あったら教えて下さいね!
from. coco | 2010/02/16 16:27 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tribeca10007.jugem.jp/trackback/10
<< NEW | TOP | OLD>>