子育て、シュタイナー、自然療法など、cocoの気ままな日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
びわの種♪

今日は、ひっさしぶりに小学校の同級生の家にお邪魔してきました〜!
不思議なことに、みんな素敵なお母さん♪
でも友達は「cocoが主婦って不思議よね〜!ご飯作りよるっちゃろ?考えれん!」って!!!(汗)
一体私はどんな人だと思われているのでしょう・・・???(笑)

さて、最近ビワが出てきましたね〜!

去年、ビワが終わるころに、cocoのいろんな意味での師匠のshiちゃんが「ビワの種、捨てんどけばよかったのに」って言われたので、今年はちゃんと取ってますよ〜♪


このビワの種を焼酎で漬けた「ビワ種焼酎」は、虫さされやケガ。せき、内臓にも効く万能薬だそう!
古来よりビワは高い薬効効果があるそうで、ビワの葉を使った自然療法はよく知られていますね。
これからビワを食べる機会も多いでしょうから、できれば種をとっておきましょうね〜♪

では、ビワ種焼酎の作り方です♪


<材料>・玄米焼酎35度1800ml
      ・びわの種700g〜1

<作り方>
1.皮をむく

皮をむかなくてもOKですが仕上がりに大きな差がでます。皮をむいた場合は色合いも味わいも綺麗に仕上がり、そのままの場合は渋みが強く出てカビが発生する場合がまれにあります。

カッター(大きめのものが便利)の刃で切り込みを入れ、カッターの刃の無い方でむくと簡単綺麗にむけます。(皮がパリパリするくらいに乾燥させた方がむきやすい)


2.玄米焼酎に漬け込み、冷暗所に保管する

半年ほどでエキスが抽出し茶色くなってきます。この時点で使うこともできますが1年以上熟成させた方がエキスも良く出て効果が高いようです。

通常1年程でOKですが、濃厚なエキスが欲しい場合は2年でもよいです。種が焼酎を吸うので、出来上がりは若干減ります。

取りだした種を別容器で保管すると吸った分が自然と溜まります。漬け終えた種は、エキス分が出た残りですが有効に活用してみてください。
(例)お風呂に入れる すりおろして湿布にするなどの利用方法があります。

<活用方法>

・胃のもたれ・口内炎・歯痛・歯槽膿漏など
2〜3倍に薄めて口に含みお口くちゅくちゅします。最後に飲み込んでOK。


・のどの痛み・せきなど
2〜3倍に薄めてちびりちびり飲む。お酒に強い人はストレートでもOK。
 
・内臓の痛みや炎症など
2〜3倍に薄めてちびりちびり飲む。お酒に強い人はストレートでもOK。
 
・水虫・切傷・やけどなど
原液ではかぶれることがありますので2〜3倍に薄めてガーゼに浸し湿布します。

・慢性疾患や怪我
打ち身・捻挫・腫れ・切り傷・止血・虫さされ・かゆみなど、日常のちょっとした怪我は患部に塗る


今年は、是非ビワの種焼酎を作りたいと思いま〜す♪

自然療法 comments(0) trackbacks(0)
天然の日焼け止め♪
自然療法やマクロビ、などなどな〜んでも知っているお友達のshiちゃん!
shiちゃんに「紫外線アレルギーで困ってる」と言うと、「天然の日焼け止め、あるよ!」と教えてくれました!

それは、梅醤番茶と、味噌汁!!!

 
これが梅醤番茶です!
・・・ってよくわからないですよね!?(汗)

三年番茶に、梅と醤油を混ぜたもの!

風邪の引き始めに飲むと体がポカポカして、一晩で熱が下がるし、胃の調子が悪いな〜、と思った時も、梅醤番茶を飲むと、すぐに治ります!
万能薬として自然療法では有名です。

この梅醤番茶を朝イチで飲むと効果抜群!!!

内臓の強化に、活力の増進になります!
さらに、日焼け止め効果も♪

でも、毎朝、梅と醤油と・・・と面倒なので、「梅醤」という、もう梅と醤油を合わせたものが自然食品店に売っているので、それを使っています。

そして、cocoはたまにぜんそくを発症するので、ぜんそくのときにはレンコンの粉末「コーレン」をスプーン一杯混ぜると、かなり楽になります♪


(今、慌てて写真撮りました!!!)

こんな素敵な梅醤番茶とともにオススメなのが、味噌汁!!!

味噌には、質のいいタンパク質が消化しやすい形でたくさん入っています。
ビタミン・ミネラルや不飽和脂肪酸も豊富なので、いわば「良質の血液材料セット」。
味噌の有効菌や繊維質が町内の環境を整えてくれるので、造血のための環境づくりもバッチリ♪
また、ガンなどの腫瘍の発生を抑えたり酸化を防ぐ働きにもすぐれています。
さらに、日焼け止め効果や美肌効果があるなんて!!!

さすが、「医者いらず」と言われるだけあります!!!

・・・ということで、紫外線アレルギーのcocoが、朝イチで梅醤番茶を飲み、味噌汁を毎日飲んでいると・・・

気づいたら、紫外線アレルギーが出ない!!!

今まで、外に出ると、腕や首回りが赤くなり、小さなブツブツができてとても痒かったのに、最近(梅雨前ですが)、全然痒くないのです!!!

なので、恐る恐る、日焼け止めを塗らずに外出してみましたが・・・

それでも大丈夫でした〜♪

嬉しい〜!!!

と思って、ちょっと苦手な梅醤番茶を紅茶に生姜はちみつを入れたものに変えて朝飲んでいますが、味噌汁効果かな?もう紫外線アレルギーではなくなりました!!!(喜)

さらに、今日聞いたお話では、朝、お茶に生姜と梅を少し入れたものを飲むと、シミになりにくいそうです!!!

こうやって、食事で紫外線対策ができるのは、とっても嬉しいです!!!
でも、食事って大事なんだな〜、とも思います。

だから、炎天下でソフトクリームなんて食べると、紫外線吸収しまくっちゃうよ〜!とshiちゃん!
これから気をつけなくちゃ!!!

味噌や梅って、ほんと、素晴らしい食品ですね〜♪

ぜひ、毎日食べてくださいね〜!!!
自然療法 comments(6) trackbacks(0)
大森 一慧さんの本!

自然療法に興味を持っていろんな本を借りては読んだものの、何をどうすればいいかわからなく
なった時に、友達から勧められた本がやっと手に入りました!

『からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て』 大森 一慧 サンマーク出版

「食べ物には、本来、からだを養う栄養素だけでなく、いのちのバランスを整える働きがあります。
私達は食べ物の生命力をいただくことで、健康を保っているのです。
なぜ食べるのか、何を食べる必要があるのか・・・
食のもつ本質をさぐることで、私達にとっていちばん大切なことが見えてきます。
家庭の薬局・台所にこそ、家族の健康をささえる秘密があります。」

・・・という感じ。
自然治癒力、食事、陰陽、手当て・・・まさに私が探していた一冊なのです!!!
中をチラっと紹介しますね!


食べ物には陰陽があるのですが、それを知りたくてマクロビの本を読んでもイマイチだったのですが、
この本にこうやって簡単な表となっているし、とってもわかりやすく説明してくれています。


そして、症状別の手当ての仕方。
原因と、方法がわかりやすく書かれているので、便利です!


さらに、食べ物手当て法もあるのです!
玄米・大根・しょうが・里芋・青菜・豆腐・番茶・梅干しなどなど。
台所にあるもので治せるので、助かります!

ちょっと前にも、のっこが下痢の時にお友達から聞いた「梅酢」が効きました!
この本や他の自然療法の本には梅醤番茶がオススメなようですが、なにせ子どもなので、
薄めても梅醤番茶は飲まないのです・・・。
が、お茶(うちは3年番茶)に梅酢(梅干しから出てる汁)を2.3適入れ、飲ませただけで治りました!!!
梅のパワーってスゴイですよね!

cocoはホメオパシーも使っていますが、勉強不足でよくわからないので、調子が悪くなると、まずは
この本から始めようと思います!

自然療法 comments(2) trackbacks(0)
東城百合子先生 講演会!
 
昨日に引き続き、今日は自然療法で有名な、東城百合子先生の講演会に行きました。

今日は託児がなかったので、のっこは最初からギャアギャア言って外にいましたが・・・。
友達が「前聞いたから見てるよ」と言ってくれて、お言葉に甘えてなんとか話を聞くことが出来ました!
ありがとう!!!

今日も耳の痛い話がたくさん!
「イマドキのお母さんは・・・」とおっしゃる事、半分はあてはまっておりまして・・・。あちゃ〜!

いのちはお天道(てんとう)さまから頂いていることを忘れないように。

生きる(生活する)ということは、掃除、洗濯、食事をちゃんとするということ。
子どもには、生活するということを体で学ばせるべき。すると、工夫する。頭の回転がよくなる。
学校の成績さえよければいいわけではない!!!

と言っておられました。

昨日、高木先生がおっしゃてた「子どもに知識を詰め込むのではなく、子ども達自ら課題を解決していく」という考えは東城先生も同じのようです。

そうですよね。
子どもを自立できるようになってほしい、と思ってきました。
だから自立の手助けをする教育であるモンテッソーリ教育にも興味があったのですが・・・。
cocoは頭ではわかっているけど実践できていないんですね!!!
うららには「お手伝いする暇ないけん、まず勉強!」という感じ・・・。
これじゃあ、いけませんね!!!
小2で気づけてよかったのかも。

春休みもしくは新学年に向けて、対策を練らないといけないな〜。
cocoの課題です!
自然療法 comments(2) trackbacks(0)
足湯・脚足・そして指湯!

足湯(そくとう)です。
のどの痛み、咳にはじまる風邪の時にします。
この部分は、呼吸器、泌尿器に関わっていて、のど、耳、鼻の不調からくる風邪の調整に使います。
cocoもうららも風邪の引き始めによく野田琺瑯のたらいで足湯をします。

足湯は、足のくるぶしまでを湯(入浴温度より2〜3℃高め)につける。
湯につける時間は6分程度。(それより短くても構いません。)
時間がきたら、足を上げて拭き、色の変化を見る。
赤くなっていない方を、さらに2分間湯につける。
上げた方はよく拭く。(冷えないように靴下を履くといいかも。)
終わったら、指の間までよく拭き、最後に水を飲む。

cocoは足湯をしながら、梅醤番茶を飲みます。
からだが温かくなりますよ!
※梅醤番茶=cocoは「梅醤エキス」小さじ1〜2杯に熱い番茶を注ぎ、飲みます。
 

脚足(きゃくとう)です。
胃腸の不調からくる風邪のときにします。
膝から下部分は、消化器の調整をするのに使う部分です。
下痢など、消化器系の変動があったら、この部分(膝上まで)をあたためます。
※写真では膝下までですが、本当は膝上までです!

足湯と同じく、バケツか浴槽に湯(入浴温度より2〜3℃高め)をはり、膝上までつける。
(浴槽の場合、少し湯をはって、膝を立てて入るといいようです。)
この状態で8分間。
時間がきたら、足を上げて拭き、左右の色の変化を見る。
赤くならない方があったら、そちらのみさらに2分間湯につける。
上げた方は指の間までよく拭く。
終わったら、よく拭き、最後に水を飲む。

※湯を熱めといっても、子どもの足がすっかり冷えきっているときに45〜46℃の湯では
 刺激が強すぎて嫌がってしまうので、子どものようすを見ながら行いましょう。

以上、「整体で整える親子のからだ」山上亮さん(野口整体)
                      『あかちゃんからの自然療法』より 参照


これが、指湯!
知らなかったです!!!
雑誌に載っていたのでちょっと試してみました〜!
というのも、cocoがこうやってブログを書いたりネットを見る時、右側に窓があるので、
特に右手が冷え冷えになるんです!!!
なので、右手をお湯につけると・・・気持ちいい!!!
足湯も気持ちいいのですが、指もつけると気持ちいいんですね〜!!!
では、解説です。

・年末年始に飲食の機会が続いたなどの肝臓の疲れから来る血行の調整には、親指のみを温める指湯を。
 手を動かしたり、触ったりして、なんとなく鈍く、動きづらいと感じる方の片方の親指だけ行う。
 大きめのカップなどに、がまんできるギリギリの熱さの湯を入れる。親指を第2関節が隠れるまでつけ、   
 温度に慣れてしまう前に上げる。
 湯上がりは、指を指先に向かってスルリと撫で、まっすぐに伸ばしておくとよい。

・パソコンを使って指がこわばったとき、神経系統の緊張が続いているというときは、親指は第2関節、
 人差し指から小指までは第3関節がすっぽり隠れるところまで5本の指全部を湯に浸す。
 この場合は、大きめの容器に湯を張って、親指のときと同様に行う。
 指によって温度の感じ方が違うと感じたら、一度湯から上げたあと、感覚が鈍い指だけもう一度繰り返して。
 湯上がりは親指のみのときと同様、よく撫でてまっすぐに伸ばす。

簡単だけどとても気持ちいい!!!
手が冷えたら指湯です!!!

以上、「冷えを取る暮らしの工夫」 松田恵美子さん 
                   『おかあさんのための自然療法』より参照


そうそう、「間違ってキャベツをのっこの頭に乗せていた」時の写真がありました!!!
熱なので心配しつつ、おかしくて笑い転げておりました・・・。
やっぱり間違いだったのですね!!!
頭の下に、枕の上に置くんですよ〜!!!
気をつけましょう!(ってcocoくらいかな〜?)
自然療法 comments(2) trackbacks(0)
熱の時、おうちでできる手当法。
 
もうすぐcocoのお誕生日!
嬉しいことに、愛用している化粧品会社から一輪のバラが商品と一緒に届きました!
お花を突然もらうことなどないので、と〜っても嬉しかったです!!!

今日は、「産びのたね」という会に初参加しました!
子育て、お産、食、環境などなど情報交換や話し合いをする会です。
そこで創刊号からの通信を頂いたので、よ〜くよ〜く見てみると・・・。

<熱がある時にお家でできる手当法>
・青葉湿布
  熱があっても38度より低い時、キャベツの外葉や小松菜などの青葉を頭の下に敷くと、
  ゆるやかな解熱作用があります。
  乳幼児の解熱には、豆腐パスターでは急に冷やしすぎてしまうので、青葉を使用します。
  大人で38度以上熱があっても豆腐が手元にない時に代用として使います。
 (手順)
  ‐松菜は、かたい芯のところを切り落とし、やわらかい先の部分が後頭部に当たるように
    枕の上に置く。
    キャベツの場合は、外葉を使用する。
  ↓,両紊貌を置き、葉っぱが熱をとってしんなりしてきたら、新しい葉と取り替える。

とあり・・・今までのっこの頭の上にキャベツの葉を置いていた事が間違いだと気づきました!
頭の上ではなく、枕の上・・・。
枕の上に頭を置いて、葉っぱを敷いて寝るって、そりゃあそうだ!
頭の上に置いても、おかしいだけで・・・効果あるのか?と実はキャベツを押さえつけてた私・・・。
落ちるしね。

小2のうららが文章問題苦手・・・というか、設問をよく読まずに簡単な問題を間違ってくるので
「問題よ〜く読んでから解かなやろ!」と怒り狂ってたcoco・・・。

親似でしたのね〜。

よ〜く読んで実践します、反省・・・。
自然療法 comments(2) trackbacks(0)
我が家の薬箱
 
我が家の薬箱です。
無双番茶、里芋粉、くず粉、蓮根粉末(コーレン)、生姜粉末、梅醤、ホメオパシー。

調子が悪いな〜、と思ったら、まずは無双番茶に梅醤を少し入れて飲みます。
コーヒーがぶがぶ飲んでいるcocoには、胃が穏〜やかになる感じ。

それでも、悪寒がして「熱が出そうかな?」と思ったら、足湯。
寝る前に足湯しながら、梅醤番茶を飲み、暖かい布団で寝ると、翌日には治っています。

とは言うものの、実は、まだ自然療法も始めたばかり・・・。
月刊「クーヨン」の「あかちゃんからの自然療法」という雑誌に載っていたよさそうなモノを
集めただけで・・・まだ封が開いてないのばかりなんです!!!

ホメオパシーも買ってはいますが、使う時はドキドキ・・・。
何度も本を読んで「コレか?」「いや〜、こっちだ、きっと!」と適当・・・。
もっと勉強せないかんですな〜!!!

私自身、学生時代に偏頭痛がひどく、CMでよく知られている頭痛薬を毎日服用していたら、
いつの間にか薬が効かなくなり、怖くなりました。
その怖さを知ってから、子供にもあまり薬を飲ませないようにしていたのです。
なんとなく、治癒力があるから大丈夫だろう、と思って。
それは確かだったようです。
人は治癒力を持っているので、副作用のある薬を使わなくてもいい時があるのです。

シュタイナー教育を知って、自然療法のこと、食事や生活リズムが大事なことなど多くのことに気づかされました。
それはエコにもつながっています。

このような事を勉強していきたいので、このブログでうまくまとめていけたらいいな、と思います。

是非、おつきあい下さい!
自然療法 comments(2) trackbacks(0)
| 1/1 |