子育て、シュタイナー、自然療法など、cocoの気ままな日記です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
銀河鉄道の夜 × 清川あさみ

先週から頑張っている、幼稚園のにじみ絵。
詳しい事はまだ言えないのですが、ここに汽車を描こうということに。

汽車というと「銀河鉄道999」と「銀河鉄道の夜」だね、と二つのキーワードで画像を探して、結局銀河鉄道の夜の汽車があまりにも幻想的で素敵だったので、参考にさせてもらいました。

話している途中で、私がポツリと「カムパネルラ」と言うと、さすがshoko姉さん、すかさず「ジョバンニ!」って答えてくれました〜!!!
何をなりきっているんだか(笑)

それがきっかけで、もう一度、『銀河鉄道の夜』を読みたくなり・・・


早速、amazonで購入〜!!!
買ったのは、清川あさみさんの絵の『銀河鉄道の夜』。

清川あさみさんと言えば、ビーズや刺繍、クリスタル、布などを使うので、女の子にはキュンキュンする作品ばかりです。

先日の情熱大陸が清川あさみさんでしたね〜!
写真に下地も描かず、刺繍どんどんグサグサ刺してましたよ〜!

そんな清川あさみさんと日本を代表する宮沢賢治のコラボ、すごすぎでしょ〜?と期待大!

読んでみると・・・

宮沢賢治の美しく、哀しく、せつない物語に、清川あさみさんの作品がピッタリ!!!

私が小学生のころに読んだイメージとかぶっちゃって・・・

嬉しくなっちゃいました!

でもね、大人になって『銀河鉄道の夜』を読むと、子どもの頃の999的なものとは違って、やっと宮沢賢治が言いたいことが見えてきました。(え?今頃でスミマセン!)

「ほんとうのさいわいは一体何だろう」

「カムパネルラ、また僕たち二人きりになったねえ、どこまでもどこまでも一緒に行こう。僕はもうあのさそりのようにほんとうにみんなの幸のためならば僕のからだなんか百ぺん灼いてもかまわない」

って。

改めて、宮沢賢治のすごさを感じました。

3.11もあったことだし、「ほんとうのさいわい」を考えるためにも、もう一度『銀河鉄道の夜』を読み返してみるのもいいかもしれませんね。

cocoオススメの本 comments(0) trackbacks(0)
『育育児典』


『育育児典』「病気編」「暮らし編」 毛利子来・山田真 岩波書店

毛利子来さんは、薬も予防接種も最低限に、という小児科医。

先日、のっこがお風呂上りに熱があることに気づき、さらに「耳が痛い!!!」と夜中ギャアギャア泣き出しました!!!
こんなこと、初めてなので、どうしていいかわからず、夜間救急に行こうかな・・・と思っていたところ、
この本を借りていたことを思い出し、読んでみました。

「急性中耳炎」で調べると・・・。

まず、
「欧米のデータでは、3歳までに80%くらいの子どもが急性中耳炎にかかるということですから、急性中耳炎にかからない子どものほうが少数派(日本では統計がない)」
とあり、ちょっと安心。

さらに、急性中耳炎はどのようにして起こるのか、症状についてわかりやすく書かれています。
「熱は高熱のことも微熱のこともあり、痛みも強い場合と弱い場合があります。痛みは夜、とくに深夜に強くなることが多く、夜中に泣き叫ぶ子どもを、病院の救急受付に連れて行かねばならないといったこともよく起こります。」
よくあることなんだ〜!とまたちょっと安心。

そして、急性中耳炎の治療について。
「アメリカでは2歳以上の子どもの場合は、重症でないとき、あるいは細菌性であるという診断が確実でない場合は、まず抗生物質を使わないで経過観察をおこないます。
48〜72時間後によくなっていない場合、細菌性中耳炎と確定した場合は、抗生物質による治療を開始します。」
と、アメリカでは重症でなければ抗生物質はできるだけ使わないようにする治療に切り替えられてきているというので、抗生物質を使いたくないcocoは、すぐ病院へ行くことをやめました。

日本の治療ガイドライン、鼓膜切開は有効か、などの説明もわかりやすく書かれています。

また、熱に対しても、心配のないということをしっかり書いてくれています。

「「まず、熱がどんなに高くなっても、熱が原因で死ぬことはない。」「どんな高熱になっても、脳に影響はない。」という2つのことを、しっかりと心にとめてください。
 次に、発熱は、「からだを守るための防衛反応」だということを確認しましょう。ですから、解熱剤を使って体温を下げたりすると、病原微生物は生き延び、病気が長引くこともあると思ってください。」

そして、急いで病院へ行くべきときを列挙してくれています。

それらを読んで、のっこが泣きまくっているのでとにかく大丈夫だから!と落ち着かせました。
そして、以前、紹介した『からだの自然治癒力を引き出す食事と手当て』大森一慧さんの本を頼りに、自然療法をしました。

今回は、耳にごま油を塗って、里芋パスターを初めて作りました。
ただ、起きてる時は里芋パスターをしたくないと言うので、青菜湿布、またまたキャベツの登場です!
キャベツのひんやり感がのっこにはちょうどいいみたい!
ごま油もよかったのか、ス〜っと寝てくれました。
寝てる間に、パパが作ってくれた里芋パスターを耳のまわりに湿布!

里芋は、どんな炎症にも効果があると、昔から”いもぐすり”の名で愛用されているそうです。
いも類のなかでいちばんカリウム(陰性)が多く、それだけに、体内にたまった凝集血や動物性の古いナトリウム群を吸い出してくれます。

おかげで、それ以降、のっこもグッスリ寝れて、朝には熱が下がって元気になっていました!

さて、原因ですが・・・。
日曜日は大雨の中、ジャスコへ行き、濡れたままお昼寝して、熱の出始めにお風呂に入ってしまったから???
それとも、水疱瘡???と期待してしまったのですが、水疱と言えないような蚊にさされたようなあとが腕に1つあるだけ。
なので、様子を見ようと、昨日も今日も待っているのですが・・・水疱は見あたりません。

昨日も今日も咳が出ているので、単なる風邪だったのかな〜???
水疱瘡だとそろそろ発症していいのに・・・!

でも、この『育育児典』でホントに安心でき、助かりました〜!!!

毛利先生は、薬も喘息やアトピーなどには多少の副作用があっても、使わねばならぬ場合もあると考えています。
私もたま〜に喘息になりますが、薬がないととてもきついです。
自然療法だけではとても無理!!!
こういう考え方の先生が近くにいるといいな〜♪

薬に不安のある方にオススメな1冊です!

cocoオススメの本 comments(4) trackbacks(0)
『ママはテンパリスト』
 
『ママはテンパリスト』 東村アキコ 集英社。

友達のブログで紹介されていて、「どうしても見たい!」と借りました!

この赤ちゃん、ごっちゃんというのですが、と〜ってものっこに似てる!!!
ついでに、貸してくれたお友達の息子さんにも似てる!!!(キャ〜、ゴメン!!!)

たとえばぁ・・・


こんな風に特におっぱいについては表と裏の態度が違うところとか・・・


お風呂でおぼれた時の顔もボーゼンとしてる姿も、のっこと同じ!


このおっぱいの飲み方もエロさものっこと同じ!

昨日も、レモンを買おうと手に取り、レジまで持っていって〜とのっこに渡すと「うわ〜、おっぱいみたい!おっぱいよ!おっぱいだ!」と何度もおっぱい連発・・・。
店内大爆笑でした〜!

のっこみたいなお子さんをお持ちの方には是非読んで頂きたい1冊ですっ♪
cocoオススメの本 comments(0) trackbacks(0)
『お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人』
 
図書館に『断捨離のすすめ』川畑のぶ子著、やましたひでこ監修 同文館出版を予約しているのですが、売れている本なので、私で9番目の予約待ち・・・。(泣)

待ちきれずに借りたのがこの『お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人』吉村葉子さんの本!

「買えないモノは欲しがらない。お金を出さずにあるモノで心豊かな節約生活を送るフランス人。子育て、貯金、マイホームから、バカンス、冠婚葬祭まで、20年間パリに暮らした著者が肌で感じたフランス人の知恵。本当に大切なものを見極め、自分の価値で人生を充実させる楽しくお得なエッセイ集」
と、裏表紙に紹介されています。

少し内容を紹介しますね。

・「基本的に、フランス人はお金を使わないで済ませようとする。
とことん納得がいかない限り、ビタ一文払わない。
「かわいい!」「ステキ!」という感嘆詞は、購買欲につながらない。
その商品がなくても困らないという結論に達するから。」

す、すばらしい〜!!!
「かわいい〜!!!」で買ってしまうcoco・・・。嬉しいし、ストレス解消だし!
そうやってかわいい雑貨が増え、飾って掃除しにくくなったり、モノが増え、片づかなくなり、ストレスが溜まる。
お〜!なんという悪循環!!!
確かに、その雑貨がなくても生きていけるかも・・・。(汗)

・「小学校でも何代もの子ども達に使われたセコハン教科書。
古くも使えるモノは使おうというモノを大切にする意識をちゃんと教育しているのである。
体操服も体を動かせるものなら何でも良い。」

そういわれれば、そうだよな〜。
幼稚園も小学校も、バッグ、体操服入れなど、大きさまで指定され、作ったcoco!
どうでもいいよね〜、使えれば!

あ〜!思い出した〜!!!
大学生の頃、テキストは高いから、先輩から譲ってもらってました!
小学生でそんな感じなのですね!!!
法学部だったので六法全書だけ毎年購入して、法律が変われば買うくらい。
それで十分だったな〜!

日本は、建築もそうだけど、古いものより新しいものがいいという考え。
古いのを上手く長く保存する技術を考えればいいのに・・・といつも思う。
けど、日本はそれでこんなに経済大国になったのだから、仕方ない???
きっと、この本みたく、日本人がフランス人のような考えに変わったら、デフレが続き、景気がよくならないとかなんとか言いそう。

環境より経済を優先する日本。
これでいいのか〜???

話が飛んでしまいましたが、この本で、お金の使い方だけでなく、愚痴らない方法や子どものしつけや心のこもった贈り物など、いろいろなコトがわかって勉強になりました〜!!!
是非読んでみてくださいね〜!!!
cocoオススメの本 comments(0) trackbacks(0)
タカコ・ナカムラさん♪
 
食と健康と環境、オーガニックをトータルに考えフードプロデュース活動、WholeFoodスクール開校、書籍出版、レシピ・商品開発、全国各地での講演活動などで国内外を問わず活躍している、タカコ・ナカムラさん!
この本は、お友達の家にあって「ゆるゆるなマクロビだから」と借りてきました。
マクロビの理論はわかるんだけど、ハマりきれないcocoにはゆるゆるがちょうどいいかな!?と。

「Whole Foodは安全な食べ物を得るため、土や水、洗剤や衣服、住宅建材までライフスタイル全体を見直そう。環境や農業にまで配慮した生活を送ろうとするグローバルなライフスタイルをWhole Foodというのだ!」(本文より)

お〜!そうですよね〜!
この本に書いてありますが、無農薬野菜や添加物をこだわっているのに合成洗剤を使っていたりする人がいる。このアンバランスさはおかしい、と。
cocoはシュタイナー教育を1年半ほど前に知って、それから自然の良さ、素晴らしさを学んでいっているうちに、食べ物、水、洗剤、環境、医療など、いろんなことにつながっていることがわかりました。
だから、言っていること、よ〜くわかります!

一物全体(命あるものはまるごと皮もむかずに食べよう)という観点から玄米食を勧めているが、
基本は「安全なものを選ぶこと」。玄米や小麦全粒粉には表皮に一番農薬が残留してしまうから。
もし安全なものでなければ、白いご飯や白い小麦粉の方が安全である。
そして、玄米がどうしてもおいしくないとか、食べたくない時期があるのに「体にいいから」と無理矢理食べるのはヘン。
・・・と、言っており、cocoにとっては「玄米でなければ!」というイメージが払拭され、気持ちが楽になりました!

東城百合子先生も、玄米がおいしいと感じなければ、白米を食べておいしいと感じた方が病気になりにくいので、栄養ばかり考えて頭でっかちになったらダメ!食は理屈だけではなく、心も大事、と同じようなことを言っていました。

cocoが「玄米は体にいいから」と言って作っても、それを一緒に食べるパパや子ども達にはやっぱり不満。
どこかで「少しでも付いている方がいい」と聞き、7分づきで精米したのですが、少し不評。
なので「ど〜しようかな〜?」と思っていたところでした。

体にいいことだとわかっていても、イヤイヤ食べるのは良くないんですね〜。
こっちはがんばって作っているのになぁ〜(笑)
家族みんなでワイワイ楽しく食べること、笑って過ごすことが大切なのですね!
じゃあ、ちゃんと宿題終わらせて、片づけてくれたら、もっと食事が盛り上がるのに・・・(笑)
理想と現実の差を感じるcocoでした〜!!!

ちなみに、タカコ・ナカムラさんのご主人は、なんと、イタリアンで有名な日高良実シェフ!
うちのカルボナーラとミートソースは、NHK「きょうの料理」で紹介していた日高さんのレシピとおりに作っています!
つながっていましたね〜♪
cocoオススメの本 comments(4) trackbacks(0)
酒井駒子さんの絵本♪
 
cocoの大好きな絵本作家の一人、酒井駒子さんの絵本です♪


『ビロードのうさぎ』 
原作は有名なマージェリィ・W・ビアンコの”The Velveteen Rabbit”。
石井ももこさんやいろんな方が翻訳されているようですが、cocoはこの表紙のうさぎちゃんに一目惚れ!ぼうやがこのビロードのうさぎをと〜ってもかわいがるところは自分の小さい頃と重なります。


『よるくま』
うららがくまちゃん大好きなので買った一冊!
よるくまと一緒によるくまのお母さんを探すお話ですが、よるくまも男の子もかわいい!


『こりゃ まてまて』
福音館書店の「0.1.2.えほん」の一冊。
なので、赤ちゃん向けの絵本。
「こりゃまてまて、ひらひらひら、こりゃまてまて、しゅるしゅるしゅる、こりゃまてまて、ばさばさばさ、
こりゃまてまて、みゃあみゃあみゃあ、こりゃまてまて、さあいこう」だけしか文がありませんが、
繰り返される話は大好きです!
最後はお父さんが迎えに来てくれて「さあいこう」と子どもを肩車するのですが、そこで子どもも安心するみたい!
のっこは「パパが来た!よかったね!」と言います!



『ロンパーちゃんとふうせん』
まちで黄色いふうせんをもらったロンパーちゃん!
飛んでいかないようにスプーンをつけたのにお外に遊びに行くと、風に吹き飛ばされ木にひっかかった!
子どもなら風船が飛んでいく経験、ありますよね。
でも、最後は、夜外を見て「ロンパーちゃんのふうせんは、おつきさんみたいよ」って思うところで
風船がない寂しさが吹っ飛んでいっちゃいます!


のっこはこのページで必ず「パパだ!」と言うのですが・・・。
書いてありますよね「かあさん」って!
かあさんと読むと怒られるので、ここだけ「でもねとうさんくくるのにちょっとくふうをしてあげよう」と
読みます(笑)

酒井駒子さんの絵本は、子どもや動物の書き方が優しい感じでと〜ってもかわいいので大好き!
特に子どもの絵は、とてものっこに似ています(親バカ?)

今、朝日新聞で「七夜物語」(川上弘美作、酒井駒子絵)が連載されており、毎日楽しみに読んでいます!

と〜ってもかわいい絵本なので、図書館で借りて読んでみてくださいね!
cocoオススメの本 comments(4) trackbacks(0)
| 1/1 |